Home » ニュース » Windows10最新機能が続々公開、10は7以降のOSへ無料提供予定【VR+ARデバイス“HoloLens”など画像追加】

Windows10最新機能が続々公開、10は7以降のOSへ無料提供予定【VR+ARデバイス“HoloLens”など画像追加】

米マイクロソフトは1月21日(現地時間)、メディア向けWindows 10関連発表会にて、Windows7、8.1、Windows Phone 8.1ユーザー向けに初年度に限り、無償でWindows10をアップグレード提供すると発表した。さらに驚くべきことに、端末が壊れるまで、最新版のWindows10を利用可能。  Windows10はスマートフォン、PC、タブレットなどすべてのデバイス間で動作し、自動的に同期されるOSとして進化している。    スタートメニューはWindows7以前のような小さなものから、フルスクリーンまで拡大が可能だ。 アクションセンターのUIも変わり、スマホの通知センターのように、より見やすいカタチにカスタマイズされた。WiFiやVPNの切り替えもボタン表示で確認できる。設定メニューもアイコンがシンプルなものに変更される。    キーボードやマウスを取り外すと、自然にタブレットモードになり、キーボードをドッキングすると、見慣れたPC画面として動作する。これらの機能は、3~5ヵ月の間に使えるようになるとのこと。    さらに、次のビルドでは、音声認識システム“Cortana(コルタナ)”がWindows10に搭載される予定だ。PCのスタートメニューに登場し、検索エリアに常駐する。コルタナが学習した内容をユーザーが制御できるよう、ノートブック機能を検討予定とした。    コルタナはアプリを検索・起動することができ、インストールされていない場合は8アプリストアを案内し、検索結果を提案することもできる。音楽をかけてと言えば音楽を再生し、静かにして、と言えば一時停止してくれ、最終的には音声のみでメールを送るといったことも可能になる。また、新しいマップアプリにもコルタナは組み込まれる予定だ。    Windows 10の最新ビルドと見られるOSが入ったLumia 1520でデモも行なわれた。    IEは“スパルタン(コードネーム)”と呼ばれる新ブラウザーへと進化する。検索バーにコルタナを組み込んだ、非常にシンプルなUIになる予定だ。ウェブサイトを表示した状態で右上のアイコンをタップすると、全面が手書きメモをとれるモードへと切り替わる。さらにはPDFのメモモードのように、任意の場所にメモコメントをつけることも可能。書いたメモごとページを共有したり、OneNoteに保存できる。また、サファリのように、スマホやタブレットで同期できるリーディングリストも用意。    会場では、スマートフォン上でのWindows10画面も公開され、ワイヤレス印刷機能が埋め込まれたオフィスのプレビュー版画面も紹介した。さらに、約2ヵ月後には、OneDriveで音楽コレクションを置けるようサポートするという。    Windows10用のXboxアプリも紹介された。マイクロソフトはXbox OneとWindowsとの垣根も取り払う予定で、Xboxでのプレイデータとコレクションデータ、友達リスト、メッセージをPCなどから閲覧できるのはもちろん、Windows10からXbox Liveのフレンドとチャットできるほか、相手がどの端末からアクセスしているかも表示される。さらに今年後半には、Xbox OneゲームをWindows10搭載PCからストリーミングプレーできるようになる。    なお、PC向けWindows 10の新しいビルドは来週公開、Windows Phone向けの最初のビルドは2月公開予定となる。    また、マイクロソフトは企業向けに84インチの4Kディスプレーに、マルチタッチ、ペン入力、デュアルカメラ、スピーカーを搭載した巨大なSurface『Microsoft Surface Hub』を会議システムとして提案。    さらに野心的なWindowsの未来として、グラス型のAR+VRデバイス『Microsoft HoloLens(ホロレンズ)』を披露。ワイヤレス型でレンズはシースルー。CPUとGPUが搭載され、完全に独立処理できる能力を持ちあわせる。ジェスチャーで動作し、3Dコンテンツを触りながら作成したり、部屋全体を火星に変化させたりといったホログラムを投影する、近未来的なコンピューターを紹介した。参照http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150122-00000001-asciiplus-sci 頭痛治療なら、浜松市南区の整体、カイロプラクティック

コメントを残す