Home » 医療 病気 治療  » ほとんどの抗生物質が効かなくなる

ほとんどの抗生物質が効かなくなる

K10053908911_1410142151_1410142213_01 ほとんどの抗生物質が効かなくなる「GES-5」と呼ばれるタイプの「多剤耐性遺伝子」が 国内で初めて大阪府内の病院の複数の患者から検出されたことが分かりました。 専門家は、早期発見のための検査態勢を早急に整える必要があるとしています。 これは、大阪府立公衆衛生研究所がことし1月に明らかになった府内の病院での 院内感染の患者11人を詳しく調べた結果、分かったものです。 患者はいずれも緑のう菌と呼ばれる細菌に感染していて、菌からは、ほとんどの抗生物質が 効かなくなる「GESー5」と呼ばれる多剤耐性遺伝子が国内で初めて検出されたということです。参照http://www.scienceplus2ch.com/archives/4889710.html 肩凝り(肩こり)治療なら浜松市南区のカイロプラクティック整体

コメントを残す