Home » 医療 病気 治療  » 目の動きで統合失調症かどうか判別可能?早期発見、適格な診断に繋がる発見か

目の動きで統合失調症かどうか判別可能?早期発見、適格な診断に繋がる発見か

fotolia_30500716_Subscription_Lsssss 物を見る目の動きから、統合失調症かどうかを判別できることを大阪大と京都大のチームが7日までに発見した。チームの橋本亮太大阪大准教授(精神医学)は「早期診断法の開発につながる」としている。成果は 国際的な精神医学誌電子版に掲載された。 チームによると、精神疾患は検査などによる客観的な診断が難しく、医師により診断に違いが出たり、患者や 家族に具体的な検査数値を示して説明しにくかったりすることがある。 チームは統合失調症患者の目の動きに着目。画像や動画を自由に見てもらった場合、健常者に比べ、視線の 動きが極端に少ないことが分かった。 参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4903588.html 浜松市南区のカイロプラクティック、整体院      

コメントを残す