Home » 医療 病気 治療  » 結石になるのが嫌だったら

結石になるのが嫌だったら

痛みを伴う病気はいろいろとあるが、中でも結石は「3大激痛」の 1つなのだとか。 文字通り七転八倒し、脂汗を流すという。 その結石は、腎臓でカルシウムが固まってできる。 大きさにもよるが、結石が尿管などに詰まると激痛がおこる仕組みだ。 なるべく経験したくないものだが、中には結石を繰り返す人もいる。 そんな人向けに、米国内科医師会が「結石を予防するには1日に2リットル以上の水を飲むべし」とするガイドラインをまとめた。 同医師会によると、水分をたくさん摂取することで結石のリスクを最大50%減らせるのだという。 ただし、水分といってもジュースなどはNGで、水がベストだとか。 例えば、炭酸飲料は結石につながりやすいシュウ酸やリン酸を含んでいるので、長期間にわたって多量に摂取すると当然、結石のリスクが高まる。 また、ガイドラインでは赤身の肉やチョコレート、ナッツ、ビーツ、葉野菜なども結石形成につながるシュウ酸を多く含んでいるので、結石を繰り返す人はこれらの摂取を避けた方が賢明としている。 そうした予防策をとった上で、それでも結石に悩まされるようなら、利尿剤や尿酸がつくられるのを抑えるアリプリノールといった薬を処方してもらった方がよい、とまとめている。 尿が酸性だと結石ができやすいので、健康診断などで尿酸値が高い人は、普段から水を多めに飲むことを心掛けた方がよさそうだ。 参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4905415.html 猫背矯正なら、浜松市南区の整体

コメントを残す