Home » 医療 病気 治療  » 身長170センチ未満の男性は認知症のリスクが大きくなる

身長170センチ未満の男性は認知症のリスクが大きくなる

◆身長170センチ未満の男性は認知症のリスク大きく―英研究 英エディンバラ大学の研究者がこのほど「認知症のリスクには身長が影響し、身長が170センチ未満の男性は認知症になるリスクが大きくなる」との研究結果を公表した。 英・デーリーメールの3日付の報道として、中国・環球網が5日伝えた。 同大の研究者は1994年から2008年にかけて、18万人の病歴などを収集、分析。 同期間中に1万7500人が死亡、1093人が認知症を患っており、身長が170センチ未満の男性は認知症になる確率が50%高かったという。 このデータについて専門家は「背が低いということが認知症の直接的な誘因となるわけではなく、幼少期の栄養不足や早い時期でのその他の要因が身長を抑制したのだろう」と指摘している。 研究では、「身長が170センチ以上の女性は背の低い女性よりも認知症のリスクが35%高くなる」との結果も示された。女性は身長が8センチ低くなるごとに認知症のリスクが13%減るという。 参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4905518.html 背中の痛みには、浜松市南区のカイロプラクティック

コメントを残す