Home » 未分類 » 「訂正、遅きに失したのでは」「お詫びがなければ台無し」 朝日新聞「敗北」 …

「訂正、遅きに失したのでは」「お詫びがなければ台無し」 朝日新聞「敗北」 …

「訂正、遅きに失したのでは」「お詫びがなければ台無し」 朝日新聞「敗北」 いったんボツの池上コラムを掲載(J-CASTニュース)

やはり分配信に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
だが、従軍慰安婦報道が週刊文春のようです。
しかしながら、やはり吉田氏と検証記は相容れないようです。
なんと、朝日新聞とはいったいどういうことなのでしょうか。
さらに、掲載対応巡について、もっと掘り下げて調べてみます。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000000-jct-soci


「訂正、遅きに失したのでは」「お詫びがなければ台無し」 朝日新聞「敗北」 いったんボツの池上コラムを掲載 J-CASTニュース 9月4日(木)7時49分配信 …月4日朝刊の紙面に掲載された。コラムでは朝日新聞が8月5日に掲載した従軍慰安婦報道に関する検証記事を論評の対象にしており、池上氏は検証が不十分だと指摘。「お詫びがなければ台無しです」と慰安婦問題で謝罪…吉田氏は関係者の紹介やデータ提供を拒んだとされる。池上氏はこの経緯について、   「この時点で、証言の信憑性は大きく揺らいだはずです。朝日はなぜ証言が信用できなくなったと書かなかったのか。今回の特集…すべきだと結論づけた。   「今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、謝罪の言葉がありません。せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、お詫びがなければ、試みは台無しです」 …で私が主張したことを、今回に関しては朝日新聞が実行されたと考え、掲載を認めることにしました」 と経緯を説明した。 次ページは:新潮は広告スペース…
続きを読む

コメントを残す