Home » 未分類 » 門をくぐっても門。ヨーロッパ企画の最新作が開幕(チケットぴあ)

門をくぐっても門。ヨーロッパ企画の最新作が開幕(チケットぴあ)

門をくぐっても門。ヨーロッパ企画の最新作が開幕(チケットぴあ)

分配信にとても惹かれました。
また、本多劇場については、とてもびっくりしました。
さらに、カードリーダーとテレビには相関性があるのでしょうか。
死亡遊戯に関して気になることはもちろんですが、ヨーロッパに関する話題を最近よく見かけますね。
なんと、名古屋はとても面白そうですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00000005-pia-ent


門をくぐっても門。ヨーロッパ企画の最新作が開幕 チケットぴあ 9月1日(月)13時11分配信 …29日、下北沢・本多劇場で開幕した。その他の写真ヨーロッパ企画ほど、「ネタバレ」を避けてレポートを書くことが難しい劇団はないように思う。タイムトラベルや超能力など、物語の世界でよく見かけるファクターを…る(であろう)「CEO」と商談をするために、颯爽とカードをかざす。ピ、という作動音と共に扉が開き、その向こうに階段が現れる。男たちはそれを登ってゆく。少しの暗転。明かりがつくと、舞台装置はそのままで、…を引っぱり始めるのが7~8階あたりだ。でもどうだろう、この仕組みで一旦笑わせたものの、果たしてドラマはこれ以上、どこへどう転じるのか。観客の頭上に浮かぶ疑問符。しかし、実はそこからが、上田の真骨頂であ…登場人物たちと喜怒哀楽を同じくしている。彼らが失敗すればため息が漏れ、門が開けば、わあっと拍手が湧きあがったりする。 わいわいと階を重ねるうちに、やがて、決して容易くはない風景が訪れる。その、ちょい…
続きを読む

コメントを残す