Home » 雑学 » フリーマーケットのフリーは、「free」ではなく「flea」で「蚤(のみ)」の意味?!

フリーマーケットのフリーは、「free」ではなく「flea」で「蚤(のみ)」の意味?!

蚤の市(のみのいち、flea market)は、ヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。パリの蚤の市が有名。 「蚤の市」flea marketは、フランス語marché aux pucesの訳であり、もともとノミのわいたような古着が主な商品として扱われていたことに由来するとか、ノミのようにどこからともなく人や物がわき出てくる様子を表現したなど言われているが、語源は定かではない。もっとも現在のイギリスやフランスでは身体の血を吸うノミとは関係なく、汚らしいみすぼらしいといった意味に捉えられている。 日本各地で行われる蚤の市やガラクタ市は、1990年代以降若者・ファミリー向けの「フリーマーケット」と呼ばれるものが多くなった。従来の「蚤の市」は、神社などの境内で縁日に併せて行われることが多いが、フリーマーケットと称する催しは、主に、競馬場やサッカー場などの駐車場、大規模公園などの一角で行われることが多い。東京都内の場合は明治公園、代々木公園、大井競馬場、秋葉原UDXなどで行われるものが規模が大きいといわれる。 日本の場合、a flea marketではなく、自由参加出来ることからfree marketという意味の単語として使用される場合が多い。free marketとは、本来「蚤の市」と全く別の意味の経済学用語(自由市場のこと)なので注意が必要である。 参考文献 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9A%A4%E3%81%AE%E5%B8%82 産後の骨盤矯正

コメントを残す