Home » 雑学 » 鳩時計の「鳩」は、実は「カッコウ」だった!

鳩時計の「鳩」は、実は「カッコウ」だった!

日本では鳩時計と呼ばれるが、本来はカッコウ(郭公)が鳴く時計である。カッコウの別名が閑古鳥(不景気なときに鳴くとされる鳥)であるため、縁起が悪いと変えられたという説がある。鳴声は時計内部にある高音と低音の2つのふいご(アコーディオンのような蛇腹)により発音される。 脊椎矯正

コメントを残す