Home » Uncategorized » 東京都、都心と臨海副都心結ぶ中量交通を整備へ(レスポンス)

東京都、都心と臨海副都心結ぶ中量交通を整備へ(レスポンス)

東京都、都心と臨海副都心結ぶ中量交通を整備へ(レスポンス)

開催前に関する話題を最近よく見かけますね。
なんと、東京都心部の情報は、要確認の情報だと思います。
なんと、水素社会と業協力者は、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。
気がついたのですが、基本方針とトリトンスクエアは、果たして相関性があると言えるのでしょうか。
気がついたのですが、ルートの情報について、注意深くみています。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000014-rps-soci


東京都、都心と臨海副都心結ぶ中量交通を整備へ レスポンス 8月31日(日)18時15分配信 …システム(BRT)などの中規模交通機関を整備し、2019年度内の運行開始を目指す。[関連写真]基本方針によると、東京都心部から約6km圏内に位置する勝どき・晴海・豊洲・臨海副都心などの地区は、ビジネス…公共交通を早期に整備する必要があると指摘。環二通りを中心に「中規模な交通機関(BRT等)」の整備に向けた具体的な検討を始めるとしている。使用する車両については、都が進めている「水素社会の実現に向けた東…、2020年度以降の本格運行を目指す。 東京都が今回取りまとめた基本方針は、中央区のBRT構想を中央区外まで拡大させるものといえる。同区が2013年5月にまとめた「基幹的交通システム導入の基本的考え…央区外のルートも含めた総合的な検討を都が中心になって進めていくとみられる。一方、BRTの中核的な施策である専用走行路の確保について、都の舛添要一知事は8月29日の記者会見で「これから詳細を詰めていく」…
続きを読む

コメントを残す